おとなの寺子屋!(加筆あり)

寺子屋スタート!

私の出身校、アレクサンダーテクニークスタジオ東京(ATST)が、
週一日、オンラインで勉強会を開いて下さることになりました。

もともとはATSTの学生さんへ向けての勉強会なのですが、
「先生方もよかったら是非」と
教師の組合である、ATATの会員にもお声をかけて下さったのです。
ATATの記事より・・こんな感じです。(ATST主催の勉強会が始まりました。


本日は、第一日目でした。
学生さんたちと教師たちが、
オンラインに「机を並べて」勉強するのです!
(もちろん比喩です。)
年齢も様々だし、教師も私みたいな「せんせい一年生」もいれば
ベテランの先生方もいて・・。
複式学級、まさに「おとなの寺子屋!」です。

今日は、企画者の1人である大塚由美先生が
提示して下さったテキストを、みんなで読み合い、
その後、グループに分かれてディスカッションしました。

内容は、「アレクサンダーテクニークのレッスンとして
生徒さんと関わることって、どういうことだろう?」というもの。
テキストはとても興味深く、
それを踏まえてのディスカッションも、予想以上に楽しいものでした!!


複式学級なだけに、同じテーマについて、
色んな「視点」からの話を聞くことが出来るんです。
同期の先生と話したり、先輩の先生方と話したりすることで
世界が広がったり深まったりしました。

話しているうちに、どんどん興味がわいてきて
だんだんみなさんに取材しているような気持ちになっていました。
人の視点を「拝借」するって、すごく楽しい!
同じ被写体を、色んなカメラを使って覗いてみる、そんな感じかなぁ?
本当に楽しくて、時間があっという間に過ぎていました。

熱中


余談ですが、英語のstudy という言葉。
日本では「勉強」と訳すのが一般的ですが、
語源はラテン語のstudium(ストゥディウム)で、
「情熱」「熱意」という意味だったそうです。
(山下太郎のラテン語入門「博士と生徒」より。)

寺子屋タイムは、まさにストゥディウム状態で、
コロナがどうたらってことは、すっかり忘れちゃっていました!

さらに言うと
studentは「熱意を持つ者」とのこと。
やっぱり私は、ずっとstudentであり続けたいなぁ。

タイトルとURLをコピーしました