カサとリラックス

カサ

カサ(傘)に助けてもらう日が増えてきましたね?
今日はカサのお仕事について少し考えてみたいと思います。

カサの役目は、私たちが雨や雪に濡れないようにすること。
同時に、私たちの動きの自由も確保すること、だと思います。
身体にぴったりフィットしちゃうとしたら、
それはもうカサではないですね(笑)

私たちを「ふんわり覆って雨雪から守ること」が役目だとすると、
カサたちに必要な業務とはなんでしょう?
私は、「ちょうどいい張りをつくること」なんじゃないかなと思います。


例えば、1本のホネが仕事をサボったとします。
カサを広げると、ちょっといびつになっているかもしれない。
こういう時って、結果的に他のホネたちの仕事が増えることになりますね。
普段以上のがんばり、緊張が必要になるわけです。

さらに、もう1本のホネもサボリ始めます。
当然残りのホネたちの仕事はさらに増えて、
カサ全体の見た目も大変そうになっていきます。
「必死なわりに、カサの役目を果たしてない」という、
よくあるちょっと残念な光景です。

この時、2本のホネは「自分たちはリラックスしてる」と
思ってるかもしれません。
でも、カサ全体としては、
仕事の量のバランスが崩れてしまっています。
他のホネの仕事まで引き受けて、必死にがんばっているホネたちと、
怠けているホネたち・・。
この「必死なわりに、全体の分担がうまくいっていない」
ということは、
私たちの身体にもよく起きていることです。


アレクサンダーテクニークのレッスンの中で、
「ギュっていうのをやめてみよう」
「ここ、がんばらなくてもいいですよ」
という声かけをすることがよくあります。

これは、
必要以上の仕事をしているので、それをやめてみてね」
と言っているんです。

ここからは現実のカサ、というより例え話になりますが、
がんばっているホネたちが、分担以上の仕事をやめると、
サボっていた2本は、本来の仕事をせざるを得なくなります。
    ↓  ↓
それぞれが、本来の分担の仕事をし始めると
カサ全体の「ちょうどいい張り」が戻って来ます。
がんばっていたホネたちは
「あー、本当はこんなに少ない仕事でよかったのか!」
とホッとします。

このプロセスが、本来の「リラックス」なんじゃないかな?
と、私は考えています。
ダラっと脱力すること、ではなくて
「ちょうどいい張り」の結果として生まれる快適さですね。


FMアレクサンダーさんのお弟子さんの、
パトリック・マクドナルド先生は、

リラックスというのは、過剰な緊張をやめることで、
必要なのは適切な緊張ですよ


というようなことを仰っています。
2本のホネたちのは、サボリ(だらけ=collapse)であって、
本来のリラックスではないよ、ということですね。

カサも私たちも、
やっぱり大事なのは「全体がどう機能しているか」
なんですね。

お天気がいい時も、悪い時も、
全体の仕事をうまく融通し合って、快適に生活したいなと思います!

虹がでたなら

(参考文献:「アレクサンダー・テクニーク ある教師の思索 / パトリック・マクドナルド著 / 幻冬舎)もちろんカサの話は載っていないです!

タイトルとURLをコピーしました