「小さい橋」から渡るわけ。(8/6木のWSへ寄せて)

熊谷&西口コンビによるワークショップ、
『個人レッスンから始めよう! ”やりたいこと”への橋わたし』が、
なんと、あと2週間後に迫ってまいりました!(8/6(木)19:00~21:00)

こんな状況、情勢ですので、
最後の最後までどんな形で開催できるのかは未知ですが、
それでも我々は準備中です!

今日は、このワークショップへの、私の想いを記します。

 

<「小さい橋」から渡るわけ>    

アレクサンダーテクニークの個人レッスンの代表的なスタイルのひとつに、
「チェアワーク」というものがあります。
これは文字通り、イスから立ったり座ったりするワークなのですが、
決して正しい「立ち方」、「座り方」を学ぶわけではないのです。

 

ごくごく日常的な動作の中で、「自分の使い方を見直し、選ぶ」ということを
何度も繰り返す、これがチェアワークでやっていることです。

私なりに言い換えてみると、
「どの瞬間でも、どんな状況でも、自分のよりよい使い方は選べるんですよ」という
教師からの提案、ということになると思います。

 

「橋わたし」が今回のテーマではありますが、
「立つ」というやりたいこと、「座る」というやりたいことに向かって
よりよい使い方を教師と共に選んでいくプロセスは、
「小さい橋わたし」のつみ重ねとも言えると思います。

小さい橋を何度も渡ることで、渡る時の自分のパターン、癖にも気づけるようになり、
大きい橋を渡るのもだんだん容易になっていきます。

小さい橋を渡った経験が、自分の味方になってくれるのです!

 

一見まどろっこしいかもしれませんが、
「楽しい急がば回れ」をこのワークショップで提供出来たらいいなと、
私たち2人もワクワクしながら準備中です。

          

お問合せ、お申込みは
request-info@akiko-nishiguchi.net までお気軽に!(代表:西口彰子)

お申込み、お待ちしております (^o^)

 

タイトルとURLをコピーしました