人間関係とアレクサンダーテクニーク(後編)

前回『人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)』の続きです。

 

自分で自分のウロコを落としていく

窓と女の子(白)

今までの状況について、もしも理屈で自分自身を説得するとしたら、

「上司の顔色をうかがっていてもしょうがないじゃないか。
相手の思惑は気にしないで、
必要なことを淡々と聞けばいいんだよ」
ということになると思います。

でもこういう説得って、
「わかっちゃいるけどやめられない」ってやつなんですよね。
ビクビクするのが必要ないことは分かってる。
でも、どうしたらそれをやめられるのかは、分からない
だから結局やめられないのです。

 

2つの意図(方向づけ)を持つことは、
当時の私にとっては、具体的に実践できる手段でした。
手段がシンプルであることは、とても私の助けになりました。
「どんな結果になるかは未知だけど
自分の使い方をよくするために出来ること」を、私はまず実践したのです。

窓と女の子(青空)

 

結果、窓を拭いて少しずつ汚れが落ちていくようなこと
私に起きていきました。

まず、Aさんに接している時の自分の在り方や変化に、だんだん気づいていくようになり
自分の在り方が変わると、接する相手の在り方も変わっていくらしい、
ということも見えてくるようになりました

 

汚れが落ちて、窓の向こうの景色が見えてくるようになったことで、
「実は結構汚れてたのねぇ」と気づくみたいなものですね。

どうやら、「方向づけ」を自分に送り続けることは、
自分の視界の枠を外していく、あるいは広くしていくようなことに、つながっているようです。

そして首を固める反応は、首だけの問題ではなくて、
入ってくる情報の質や、物事の捉え方の質とも関係しているらしい、ということを、
私はまさに「身をもって」知ったのでした。

また、「Aさんに質問するの気が重いなぁ」
「何て聞いたら、やり取りが少なくて済むかなぁ?」といった、
私の「身構え」はAさんにもきっと伝わっていて、
お互いの身構えの連鎖、悪循環が起きていたんだろうなと思います。

 

そもそもAさんの考え、感じていることは、Aさんご本人にしか分かりません。
「オレに聞くなオーラ」というのは私の勝手な憶測によるもので、
本当は、単純に口ベタで緊張していただけだったのかもしれません。

でもこういうことって、理屈で自分に言い聞かせても、心から納得するのは難しい。
実際に「窓の向こうの風景」が見えてこなければ、
家の中から想像していた景色(自分の捉え方や考え方)を手放す気には、
なかなかなれないのが人情だと思います。

 

「やめるべき!」、「やめなければいけない!」が、
「やめるのが自然だなぁ」に変容していくのは、説得型では得られない体験かもしれませんね。

「目からウロコが落ちる」という言葉がありますけど、
「ウロコ落とすぜ!」っていう意図はないのに、自分で自分のウロコを落とすようなことを、Aさんとの関係を通して私は経験したのでした。

*  *  *

そして人間関係で大事なのは、
人と関わっている時の自分を、
押しつぶしたり、ガリガリガリーっと削ったりしないこと
なんじゃないかなと思います。

必要なことを相手に告げなければならない時も、自分で自分を縛りつける必要はないのです。

本当に大事なのは、トラブルを避けることよりも、
何かを選ぶ時の自分が、のびやかでいられることなんじゃないかな?

頭-首-背中に語りかけることが、
きっとそんな時の自分の支えになってくれるよ!
と、私は思っているのです。

窓の向こう

●このお話の補足エピソードです。
注意のバランス

 

タイトルとURLをコピーしました