・降っても、晴れても

目は、サボることもある!

老眼がだ~いぶ進んでしまったので、 観念して遠近両用メガネを作りに行ってきました。 お店は吉祥寺の「オプテリアグラシアス」さんです。 こちらでメガネを作ってもらうのは2度目です。 検眼がとっても丁寧で、色んな観点...
・ちいさなランプ

感覚の「器」:映画『ビヨンド・サイレンス』より。

「感覚」というものについて考えた時に思い浮かぶ作品が、 ドイツ映画の『ビヨンド・サイレンス』です。(1996年 カロリーヌ・リンク監督) お話は、両親が聴覚障害者で、本人は健聴者である少女、ララの成長物語です。 ラ...
・ちいさなランプ

声にならない声 : 映画『エクソシスト』と身体性

今日は映画の話を。 アレクサンダーテクニークとは直接的には関係ない話ですが、 興味のある方はおつき合いください。 「心のこと」や「身体性」については、 アレクサンダーテクニークを知る前から、ずっと興味を持っていました。 心...
お知らせ

『ちいさなランプ』

これから、アレクサンダーテクニーク以外のことも、もっとブログに書いていこうかなと思っています。 初投稿の時、私は「気軽に立ち寄れる、あの八百屋のようなホームページを目指したい」と書きました。 「あの八百屋」には、...
アレクサンダーテクニーク

注意のバランス

今回は、人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)の補足です。 なんと当時書いたメモが出てきたのです! (物持ちがいい!) そこには、 ・「Aさんの表情を読み取る」ということをしなくなってきた気がする。 ・...
タイトルとURLをコピーしました