アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニーク

心のありか

少し前に、 「アレクサンダーテクニーク(AT)は、 心のことをどう扱っているのですか?」という質問を受けました。 その時私は、こんな感じの回答をしました。 ・ATは、心と身体をひとつのものとして捉えている。 ・「心」、...
アレクサンダーテクニーク

アレクサンダーテクニークとの出会い

そう言えば、アレクサンダーテクニーク(AT)との出会いや、 「なぜATを選んだのか?」について、詳しく書いていなかったことを思い出しました。 せっかくなので、2020年が終わる前に書いておこうと思います。 ちょっと長いです...
アレクサンダーテクニーク

注意のバランス

今回は、人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)の補足です。 なんと当時書いたメモが出てきたのです! (物持ちがいい!) そこには、 ・「Aさんの表情を読み取る」ということをしなくなってきた気がする。 ・...
アレクサンダーテクニーク

人間関係とアレクサンダーテクニーク(後編)

前回『人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)』の続きです。 自分で自分のウロコを落としていく 今までの状況について、もしも理屈で自分自身を説得するとしたら、 「上司の顔色をうかがっていてもしょうがないじゃないか...
アレクサンダーテクニーク

人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)

アレクサンダーテクニークは、 「どんな活動をする時も、全体のコーディネーションがよりよい状態で、 やりたい活動が出来ること」を目指すワークです。 「活動」は、特別なことに限りません。 人と関わること、人間関係を作ることも...
タイトルとURLをコピーしました