人間関係

アレクサンダーテクニーク

自分ルールの引っ越し

「私の変化」シリーズの第2弾です。 (第1弾はこちら→「わたしの肩幅!」) 今回は、目に見えない変化、 「自分ルールの引っ越し」についてです。 苦手な人と再会したが・・。 教師養成トレーニング2年生ぐらいのある日、 ...
介護のこと

信頼と背中:ある夜勤の現場から考えたこと。

ある夜勤の出来事 かつて私が所属していたのは 認知症の利用者さんが多いフロアでした。 こちらの夜勤は基本、2人の介護スタッフで行い、 2時間ずつ「1人で担当」の時間があります。 もう1人が仮眠を取るからです。 その日、新...
アレクサンダーテクニーク

のびのびマナーの勧め♪

「頭(ず)が高い」、「腰が低い」という言葉があるように、 誰かの目の前を横切ったり、 目上の方と向かい合ったりした時、 相手の視界を遮らない、ということが マナーとして定着していますね。 他者への気配り、気遣いとして ...
アレクサンダーテクニーク

注意のバランス

今回は、人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)の補足です。 なんと当時書いたメモが出てきたのです! (物持ちがいい!) そこには、 ・「Aさんの表情を読み取る」ということをしなくなってきた気がする。 ・...
アレクサンダーテクニーク

人間関係とアレクサンダーテクニーク(後編)

前回『人間関係とアレクサンダーテクニーク(前編)』の続きです。 自分で自分のウロコを落としていく 今までの状況について、もしも理屈で自分自身を説得するとしたら、 「上司の顔色をうかがっていてもしょうがないじゃないか...
タイトルとURLをコピーしました