憧れの、工場見学へ。

先日、とある印刷工場で開催された
「体験型工場見学」に行って参りました!

会場は、神楽坂にあります
有限会社 真美堂 手塚箔押所
(しんびどう てづかはくおしじょ)
さんです。

 

真美堂さんの印刷技術は少し特殊です。

本の表紙や帯などにある
「キラキラ」部分の加工や、
(「箔押し」と言うそうです)

浮き出し文字の技術を使った
「バリアフリーカレンダー」。

 

そして点字の印刷もなさっています。

今年3月。
浮き出し文字と点字を組み合わせた
「真っ白なポスター」がJR高田馬場駅に掲示されました。
JR東日本とのコラボ企画だそうです。

目と手で読む、
私にとっては「ハンズオンポスター」ですね!
もちろん私も高田馬場へ行ってきましたよ。

「体験するポスター」と言ってもいいかも。
すごく素敵でした。

高田馬場に“真っ白なポスター” 実は駅バリアフリー化の先駆け - TRAICY(トライシー)
JR高田馬場駅の早稲田口改札付近に、真っ白なポスターが掲出されている。

 

さてさて今回の「工場見学」は、
東京都外からのご参加や、
ファミリーでのご参加もあり、
和気あいあい、和やかで楽しい時間となりました。
(感染症対策のため、少人数での開催)

「体験」はこんな感じ。
(いつか参加してみたいという方は
ネタバレになるかもしれないのでご注意を!)

 

点字印刷体験
持参した名刺やチラシに、
「ありがとー」の点字を印刷してもらっているところ。

印刷中

実はわたくし、
ずーっと前に点字をちょこっとだけ習ったことがあるのです。
打つ道具も持ってるよ♪

点字の印刷機
魂が宿っていそうな点字の印刷機。
「わたしは真悟」を思い出しちゃうなぁ。

 

浮き出し文字を読んでみよう!体験

目をつぶって何の文字かを
手で触れて読みます。

浮き出し文字
「シ」しか分からなかった私(涙)。

小学生のお子さんが
「ガッコウ」「デンワ」など次々に
解読していて驚愕!

 

そして、とても盛り上がった
箔押(はくおし)印刷体験!!

こちらが「箔」のキラキラロールたち。
それぞれ好きな色の箔を選びます。

 

2羽の小鳥の素敵なイラストを
「箔押機」を使って箔押しします。

 

機械で熱と圧力をかけて
紙に箔を蒸着させる仕組み。

工場の方に教わりながら
一緒にスイッチを押させてもらいました。

 

その後・・


くっついた箔を、

はがし始め
ペリ~っと剥がすと・・

 

はがしたよ~!
キラキラの小鳥が登場!
みんな拍手で盛り上がりました。
(この3枚はちょいヤラセです。家で再現してみました。)

 

普段なかなか見ることが出来ない
工場のお仕事を、
普段なかなかお会いする機会がない方々と、分かち合う体験が出来ました。

少人数での開催ということもあり、
参加者同士すぐに「仲間」という雰囲気になりました。
いい時間だったなぁ。

 

今回の工場見学は「真っ白なポスター」と同じく、
真美堂さんと、
JR東日本「東京感動線による
コラボ企画でした。

縁あって下町の工場に集まってきた人達が、一緒に何かを体験・共有する。
それぞれ想いを持ち帰り、
誰かに伝えたり、日常がちょっと創造的になったりする。

なんだか「ハブ」のよう。
すごく可能性を感じました。

 

1冊の本、1枚のポスターの中には、
色~んな技術が詰まってる。

そして、その技術の向こう側には
必ず「人」がいるんですよねぇ。

 

印刷機は相棒
影の主役はやはり印刷機たち。
みんなすごい存在感でした。

工場のみなさんにとっては、
きっと印刷機も立派な社員さん。
とっても働き者です。

 

次回も開催の計画があるようですよ!
ご興味のある方は、
是非チェックしてみて下さい。

 

真美堂さん、ありがとうございました(^O^)/

真美堂 手塚箔押所さんの
ウェブサイトはこちら!

TOP │ 真美堂 手塚箔押所
昭和32年創業以来、早稲田・神楽坂エリアより箔押の技術を発信しつづけている真美堂 手塚箔押所です。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました