ちいさなランプ

主にエッセイです。
映画や本や音楽や、ちょっと気になっている物事や人について、私が思うことを。
ATとは基本関係ないお話です。
名前の由来はこちらから(^o^)

『ちいさなランプ』
これから、アレクサンダーテクニーク以外のことも、もっとブログに書いていこうかなと思っています。 初投稿の時、私は「気軽に立ち寄れる、あの八百屋のようなホームページを目指したい」と書きました。 「あの八百屋」には、...

 

ちいさなランプ

今を生きる決意

長瀬智也さん主演のドラマ「俺の家の話」を毎週楽しみに見ています。 あらすじなどはこちらを↓ 俺の家の話 - Wikipedia 第3話について、心が動いた場面がありました。 ネタバレが困る方は、ご遠慮下さい(笑) (以下、演者...
ちいさなランプ

影から光を見るふたり

大好きな絵本作家の安野光雅さんが亡くなりました。 安野さんは、繊細なタッチの水彩画や、 緻密でトリッキーな絵柄の絵本でおなじみですね。 『旅の絵本』や『ふしぎなえ』はあまりにも有名です。 私の愛読書、柳田国男さんの『...
ちいさなランプ

「GREAT CONJUNCTION展」に行ってきました。

日常系ブログのカテゴリー名、「ちいさなランプ」にぴったりの出来事! 美術家、KiNGさんのエキシビション「GREAT CONJUNCTION」に行ってきました。 (キンプトン新宿 16階 ザ・ギャラリーにて) エレベータ―内の案内板。...
ちいさなランプ

手は、在り方を伝える。

もう20年近く、同じ美容師さんに髪を切ってもらっています。 岩下さんという、男性の美容師さんです。 いつもいつも、お店に伺って色々お話を聞くたび、 「岩下さんって、すごいなー。いつか、みんなにこれを聞いてもらいたいなぁ。」と思い、...
ちいさなランプ

感覚の「器」:映画『ビヨンド・サイレンス』より。

「感覚」というものについて考えた時に思い浮かぶ作品が、 ドイツ映画の『ビヨンド・サイレンス』です。(1996年 カロリーヌ・リンク監督) お話は、両親が聴覚障害者で、本人は健聴者である少女、ララの成長物語です。 ラ...
タイトルとURLをコピーしました