光に手をのばそう。

新しい年が始まりましたね。

新年の抱負を「言わされる」のがニガテなクマガイですが、(理由)
今年は、自分が向かいたい方向性(ダイレクション)を書いてみようと思います。

 

今年は、直感を磨く年にしようと思います。
ブログアレクサンダーテクニークとの出会いを書いていて気づいたのですが、
無職で、裸一貫だったあの頃、
な~んにも持ってない分、深い所で直感が働いていたことを思い出しました。

「崖っぷち感」って結構大事かも知れません。
真っ暗い所にいる方が、ちっちゃい光に気づきやすいですもんね。
作家の坂口恭平さんによると、
直感とは『短い瞬間的な熟考』だそうです。
(「まとまらない人」より。発行リトル・モア)

意図的に「崖っぷち感」って作れるんだっけ?
いや、去年の時点で既にもう、わたし崖っぷちやん(笑)
・・あれこれ思いつつ、考えてみました。

 

今年は
情報や環境の断捨離をし、
今の私にとって「本物だ」と思うものに、積極的に触れていこうと思います。

 

2021年。
みなさん、植物たちのように、
ぐんぐん光に手をのばしてみましょう。
案外近い所が光ってるかもしれませんよ。

鏡と手(短)

 

 

たなくじ2021
人生初「たなくじ」
早速レアな「光」を引いちゃいましたー。


みなさん、今年もどうぞよろしくお願いします!

 

 

タイトルとURLをコピーしました